腰痛の種類と原因

痛みの原因

「痛みのある生活、辛いですよね。」この手の宣伝、
今となっては様々なシーンで見る事があると思います。

 

歯の痛み、腰の痛み、関節の痛み等、痛みの種類は様々あるにせよ
当事者にとって「痛み」という苦痛に変わりはありません。

 

歯が痛ければ、歯医者さんに行こう。
歯医者さんに通えば、治療方法は様々あるにせよ
「歯の痛みから来る苦痛」からは解放されます。

 

厄介なのは「医者に行っても治らない痛み」です。
こうした痛みの中で最も悩みを持つ方が多いとされるのが腰痛。(参照資料:厚労省HP)

 

腰痛をお持ちのあなた、痛みに対してどんな治療方法を行っていますか?
整骨院でマッサージを受ける、病院で薬を貰う、サプリメントを飲んで痛みを予防する、
ストレッチなどの運動療法含め治療方法は多岐に渡ります。

 

それはなぜか?腰痛と言っても痛みの原因が様々あるからなのです。

 

「腰を酷使する労働から来る痛み」「栄養バランスの崩れから来る腰の痛み」
「精神的原因(腰痛を気にし過ぎる事)から来る痛み」など、
痛みの原因は数を上げればきりも限りもありません。

 

腰痛でお悩みの方はまず、ご自身の痛みの原因が何であるのかを考えてみる事が大事でしょう。
原因が本当の意味でハッキリすれば、
その原因にあわせて治療を進める事で腰痛を治す事が比較的容易なケースが大半です。

 

もちろん、原因次第で大変な治療を要する事もあります。

 

医者任せではダメ!

一番やってはいけない事は医者任せにしてしまう事。
これは腰痛を長引かせるだけではなく、
悪くなる事を遅らせる延命治療的な結果を生み出す事にも繋がります。

 

「医者の言う事を信用する。」それはそれで良いのですが
実はそんなあなたほど「任せっぱなし」にしていませんでしょうか?

 

もう一歩踏み込んで「先生、私の腰痛の原因は一体何なのでしょうか?」と質問してみて下さい
「年だから仕方がないよ」と言う先生はあまり良い先生とはありません

 

「原因は●●が老化して▲▲に作用して痛みが出ています。」と回答を頂ける先生を信用すべきでしょう。
「では先生、それを治す方法はありませんか?」問題はここから先です。

 

お医者様も人間です。ご自身の勉強されてきた医学知識の中で
責任の負える範囲内で回答させる方がほとんどだと思います。

 

問題は「原因は●●が老化して▲▲に作用して痛みが出ています。」に対して
あなた自身がどう向き合うのかという事になります。

 

ここまでお読み頂き腰痛をお持ちのあなたは、どう思われますか?

腰痛の種類と原因記事一覧

腰痛の原因にマッチしたサプリとは

腰痛をお持ちの方が、サプリメントに頼る理由も様々あるかと思います。ここでは副作用が原因でサプリメントを選ぶ方に注目してご紹介したいと思います。医者に行っても一向に改善しない。痛み止めの長期服用により副作用が出た。10年先を考えると、果たして今の治療で腰痛を改善する事は出来るのか?このような悩みの中か...

≫続きを読む

 

痛みの原因と薬物療法の温度差から来る恐怖を自覚しましょう

痛みの原因が様々ある事は、皆さんもご存知かと思います。そして「あなた自身の痛みの原因」をあなた自身が正確に把握出来ているかどうかも治療を進める上では大切な事です。痛みという表に出てくる症状事態は同じでも、原因により治療方法は異なります。医師の出す薬「痛み止め」にも様々な種類はありますが、おおよその薬...

≫続きを読む