腰痛にさよなら出来た人たち

腰痛にさよなら出来た人たち(本当にこれで腰痛と別れを告げられる)

これは、実際に腰痛(椎間板ヘルニア)の症状を改善された方のお話です。
ここまでお伝えしてきた「日常の地道な努力」「原因を明確にする」
「原因に合わせたサプリを選ぶ」という3原則を行った方の症例になります。

 

治療に入る前は、ご自身の治療へのスタンスがハッキリしていませんでした。
その方は肉体労働者で年齢は39歳。
家族もあり子供は育ち盛り。

 

しかし腰痛が悪化して様々な治療を続けその日その日の体調次第で仕事を続けて来た方でした。

 

しかし、ある日を栄えに腕や足にも痺れが発生し、
ついに仕事の長期休暇を余儀なくされてしまったのです。

 

この方は「椎間板ヘルニア」と診断されました。手術を行う事は避けられませんでした。
実際に手術をする決断をして手術を行い痛みから解放され、職場復帰を果たしました。

 

しかし、痛みが再発してまたしても入院生活を続ける事になったのです。
仕事の内容は今後も変わりません。腰への負担は続きます。

 

周期的に入退院を繰り返していては何も改善されません。将来が不安になって当然です。

 

2度目の入院時、この方は「軟骨変形の原因を治さなければ同じ事を繰り返す」という事に気がつきました。
そして医師の勧めで、あるサプリメントを用いた治療を開始しました。

 

三ヶ月後のレントゲン検査の結果、椎間板(軟骨)の形が正常に戻っていました。
治療期間中、効能が見込めると言われたサプリを一定量摂り続けました。
軟骨の正常化が確認された後は、予防的に少量ずつサプリを飲んでいるとの事でした。

 

もちろん、毎晩湯船に浸かり30回数えてからお風呂を出るそうです。
おかげで風邪も引かず、夜もグッスリ眠れるようになったとか。

 

「30数える」という一見単純な事も日常生活の中で忘れてしまう事を、
この方は悔やみながら今は大切にしているそうです。

 

「痛みは本人にしか分かりません。辛いですよね。」こういうCMの誘い文句は
確かに誘導されがちです。事実治る人もいますから、メーカーも自信があって言っている事です。

 

ですから嘘ではありません。大切な事は、あなた自身の治そうとする姿勢。
そしてその原因にどう立ち向かうのかという事です。
大変かもしれませんが楽をして治せる病気ではありあません。

 

諦めずにポイントを抑えた治療方法を模索してみて下さい。
「日常の地道な努力」「原因を明確にする」「原因に合わせたサプリを選ぶ」の3点セットで腰痛にさよなら!
本当にこれで腰痛と別れを告げられる!?を実現されて下さい。